パワースポット

背景を探す静岡市旅~アニメ舞台にも選ばれたご当地スポット 後編~

【ご当地舞台アニメ】が意外と多く、地域創生の形としても度々話題に上っている静岡県。今回はそんなご当地舞台アニメにまつわる(パワー?)スポットを静岡市の中から探し、巡っていきたいと思います。

前回アニメ【ハルチカ】で登場した葵区の駿府城公園を紹介させて頂きましたが、駿府城公園が舞台の作品は他にもあります。

公園の中心にそびえる徳川家康像は、【映画クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ】にて静岡駅で下車したシーンで登呂遺跡と共に描かれるなど、こちらは観光地として選ばれたパターン。

 

一方【バジリスク 〜甲賀忍法帖〜】や【シグルイ】などには実際に存在していた時代の駿府城が登場するシーンもあり、日本の歴史をベースにした作品の際に、城や寺などが舞台となるパターンもある訳です。

 

前半で紹介した【ハルチカ】同様、葵区の静岡浅間神社と先ほどの駿府城公園の周辺が舞台となった、2017年放送のアニメ【エルドライブ[ēlDLIVE]】もあります。

 

こちらも主人公が浅間通り付近に住んでいる設定で、駿府城公園お堀の中学校をベースにした学校が登場したり、公園内や浅間神社内もリアルに描写されていました。

 

浅間神社の階段を上った先、賎機(しずはた)の展望台から見下ろす街並みなど、実際に行ってみたいと思える綺麗な背景描写が多く、地元から引っ越してしまった方が郷愁を感じることもできるような細かい背景もご当地アニメの魅力だと思います。

 

残念ながら静岡市では地上波で放送されておらず、衛星放送でも深夜3時ということもあり、市内ではほとんど話題にならなかったのが悔しいですね。県内が舞台になった作品でも、静岡では放送されなかったアニメは意外と多いのです。

こちらは東静岡駅傍のイベントホール【グランシップ】こと静岡県コンベンションアーツセンター。

 

観光スポットや町並みと違い、背景にするとしても使いどころが限られそうなスポットではありますが、社交ダンスをテーマにしたアニメ【ボールルームへようこそ】の大会会場として描写されました。

 

スポーツ作品の会場は原作から明確に施設が指定されていることも多く、実際に大会がその会場で行われている場合など、現実の競技に基づいた設定で描かれています。今作のグランシップもそのパターンですね。

 

逆に小説原作の作品など、スポーツの会場名が触れられておらず、映像化の際に規模や雰囲気から選ばれるパターンもあります。市内ではダイビング競技の実写映画【DIVE!!】のロケが、葵区西ヶ谷の県立水泳場で行われました。

 

 

最後は忘れてはいけない清水が舞台の国民的アニメ【ちびまる子ちゃん】

 

これまで紹介したご当地アニメのようにリアルな背景描写こそありませんが、原作者の故・さくらももこ先生が過ごした清水の情景が描かれている為、関連スポットは数多くあります。

 

写真の【白髭神社】はクリスマス会のお話など、作中で何度も登場している大きな社務所のある神社。小学生の視点で町内イベントの場所としてのみ描かれているので、作中ではどんな神社か全く触れられていないのも、観光の際に楽しみが増えるポイントになっています。

作中で『こくぞうさん』と呼ばれていた、市指定の大クスノキがそびえ立つ【淡島神社】。

現地をまわって初めて、虚空蔵から“こくぞう”なんだと気が付いたりと、原作ファンであっても知らない情報が舞台には溢れているのでした。

 

今回は観光地化されている場所や、著名なスポットから選んで紹介しました。アニメによっては町並みや住宅街の背景も描写されていますが、観光される際は現地に住む方々に配慮して周っていただけたらと思います。

 

葵 桜玖耶(あおい さくや)

高校在学中に趣味でご当地PR活動を始める。静岡市内の観光案内所勤務の経験や、食べ歩き趣味をネタに市内情報を幅広く紹介中。静岡市観光&グルメブログ『みなと町でも桜は咲くら』やSNSにて、お得なランチ情報を中心に毎日更新を続けています!

パワースポットのバナー